よくある質問|東京のマンションリフォームならマンションリフォーム専門サイト

マンションリフォーム TOP
 
 
よくある質問

       
   リフォーム関連  
   料金・見積もり関連  


 リフォーム関連 Q & A
 
 Q. リフォームの工事は何日くらいかかるの?
A. 

工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって違ってくる為、一概には言えません。

あえて目安をあげるとすると、内装工事では一週間、ユニットバスの交換は2日、システムキッチンの交換は4〜5日、内装工事と水廻りの設備の交換などの全面改装で約1ヵ月、間取り変更も含む全面改装なら約2ヶ月位です。
一戸建ての場合では、骨組だけを残しての全面改修は新築よりもやや短い位の工期がかかります。
工程が複雑で職種が多いと長くかかります。

また、マンション、一戸建ていずれも解体してみて問題が見つかることもあり、補修などの為に予定よりも工期がかかることもあります。

   
 Q. 工事中は引っ越ししないといけないの? 住みながら工事できるの?
A. 

比較的小規模で部分的なリフォームで、工事をする箇所を使わなくても生活に支障の無いような場合や、キッチンや浴室を交換する場合でも、施工期間中お使い頂けなくてもいいと仰っていただければ、お住まい頂きながらでも、大丈夫です。

ただ、施工期間中は、お部屋が工事現場になってしまいます。
リフォーム工事をする箇所以外は、もちろん養生をさせて頂きますが、どうしても音が出ますし、細かなホコリも舞います。職人や材料の出入りなどもございますので、特に大規模なリフォームの場合、出来れば仮住まいをして頂いた方が、心身面でご負担が少ないかと思います。

他に、お願いしたい点としましては、家財が多くおありの場合には、それらを移動しながら工事をする場合、工期が少し長くなってしまう事があります。

また、昼間お勤めをされている場合には、お留守の間に工事をさせて頂く事を、ご了承いただく必要があります。

とは申しましても、ご事情はお客様によって様々です。ご相談させていただきながら、総合的になるべく良い方法をとらせて頂くようにしています。

>> 在宅リフォーム事例をチェック!

 Q. マンションってどこまでリフォームできるの?
A. 

基本的には、「専有部分」については、設備や内装から間取りの変更まで、自由にリフォームできます。
しかし、専有部分であっても水回りの配置等については構造や設備面での制約がある建物もあります。

建物の構造躯体や住民が共同で使うエレベーターなどの設備は「共有部分」、サッシや玄関ドア、 も「共有部分」なので、個人で勝手にリフォームすることはできません(玄関ドアの内側はリフォーム可)。

バルコニーは「専用部分」と言い、「共有部分ではあるものの、通常は個人使用が認められている部分」で、こちらもリフォームが出来ない部分となります。

また、お住まいのマンションの管理規約で、「専有部分」のリフォームについて床の防音仕様等の規定がある場合には、それに従います。
近隣との関係も含め、現場を調査したうえでそれぞれのマンションで可能なプランをご提案します。

>> マンションリフォーム事例をチェック!

   
 Q. 工期が延びる事ってありますか?
A. 

正直に申し上げます。
これまでの経験をもとに、天候不順や、施工中に発生するアクシデントも考慮した工程を組みますが、それでも、工期が延びることもございます。

工事中の予定が変わる場合は、その都度ご連絡させていただき、ご理解いただけるよう努めております。

   
 Q. マンションでリフォームをする場合、思ったとおりの間取りに変更することはできますか?
A. 

マンションでは、躯体のコンクリート部分が構造体となっており、室内を区切ってある壁は、木製である場合が多いです。

構造上の役割を担っていない木製の間仕切壁は、自由に撤去ができますので、間取りの変更リフォームが可能です。

たまにですが、間仕切りの壁がコンクリート製だったり、金属製のフレームが入っている場合もありますので、その場合は注意が必要です。

その他、水まわりの位置の変更に関しては、配管のために床が上がってしまう場合もありますので、充分な計画をする必要がありますし、マンションでは、コンクリートの箱の天井と床の高さは変えられないので、高さ関係の変化といいますか、例えば吹き抜けを作りたいといったご要望は実現が難しいです。(天井がすごく高いマンションならよいのですが)

>> マンションリフォーム事例をチェック!

   
 Q. マンションを並んで2戸購入しました。隣り合った住戸をつなげることはできる?
A. 

住戸と住戸を区切っている壁は共用部分です。2戸続きで住戸を購入し、どちらも自分の所有だとしても、その間の壁はマンション全体の所有になりますから、取り外すことはもちろん、穴を開けてドアを設けることはできません。

>> マンションリフォーム事例をチェック!

   



       
   リフォーム関連  
   料金・見積もり関連  


マンションリフォーム TOP | リフォームの流れ |安心低価格の理由 | リフォームの心得10ヶ条 | Q&A | プライバシーポリシー | 会社概要 | お問合せ
<< 目的別事例一覧 >>  マンションリフォーム | デザインリフォーム | アイディアリフォーム | 自然素材・無垢リフォーム